Pinnacle Infotech To Unveil Cutting-Edge BIM Solutions at Japan Build 2023 Cover
December 11, 2023
Pinnacle Infotech社、JAPAN BUILD 2023でBIMソリューションを

建設業界は、成長、発展、インフラプロジェクトの原動力であり、世界経済において常に最も重要なセクターの1つです。一方で、従来の方法を変えず、多くの労働力を要する業界としても知られています。画期的な技術により、時代は変わりつつあります。建設業界に変革をもたらした画期的な技術であるビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)を使用することにより、生産性を高め、費用を削減し、プロジェクトでより優れた結果を生み出すことができるのです。 このBIMによる変革の先駆者がPinnacle Infotech社です。画期的なソリューションの提供で定評のあるPinnacle Infotech社は、建設業界に大きな波を起こすことになるでしょう。 Pinnacle社はアジア最大の建設業界の展示会である「JAPAN BUILD 2023」において、最先端のBIMソリューションを発表する予定です。このイベントは2023年12月13日から15日に開催され、建設業界の未来を形成する最新トレンドとイノベーションを体験するために業界のリーディングカンパニー、ステークホルダー、専門家が一堂に会します。       日本の建設業界に大きな影響をもたらすBIM   BIMは、建造物の物理的および機能的特徴を数値で表すことで、建設業界に大きな変革をもたらす技術です。Pinnacle Infotech社は設計の最適化、連携の強化、建設工程全体の合理化を図るためにBIMの提供を開始しました。 日本の建設業界では、BIMが効率性の改善、費用削減、プロジェクト成果の向上について大きな可能性があることを認識しており、積極的に導入されつつあります。Pinnacle Infotech社はBIMサービスにおける世界的なリーディングカンパニーとして定評があり、日本における採用件数の増加を意欲的にサポートする予定です。世界中のお客様にBIMを提供してきた豊富な経験と専門性を持つPinnacle Infotech社は、日本の建設市場の特殊なニーズや要件に合わせたカスタマイズサービスを提供することができる唯一の会社です。     JAPAN...

The Impact of BIM 3D Modeling and Digital Twins banner
December 11, 2023
日本の建設変革:BIM 3Dモデリングとデジタルツインの効果

BIM 3Dモデリングとデジタルツインは、近年の日本の建設業界のあり方を変える大きな力となりました。ビルディング・インフォメーション・モデリングにおける機能により技術は進歩し、シームレスにプロジェクトを実施する際、設計と建設の間のギャップをなくすための方法やアプリケーションを提供することができるようになりました。 建設コンセプト、データ、図面を詳細にわたり高度なBIMモデルに変換することで、この大きな変革が実現します。このプロセスの重要性は美しさのみならず、建設プロジェクトにおける生産性や効率性の強化へとシフトするという戦略と言えます。 この変革により、BIM企業は日本の建設基準に見合った業務を行うことができるようになり、同時に自社のソリューションにさまざまな文化的な要素を加えていけるようになりました。このような理由から、日本の建設業界特有の要件をシームレスに満たすプロジェクトを実現することが可能です。   しかし全体的に見ると、ソリューションといっても技術だけではありません。さらに実用性を高めるため、コンサルティング会社は複雑なBIM実装の指導を行うAECの専門家とともに業務を行っています。このアプローチにより、ソリューションを提供する側とソリューションを求める側の両者が、BIMを効果的に活用するために必要な知識と戦略を取得することができます。これは建設プロジェクトから最大限の価値を引き出すために行う能力開発、トレーニング、継続的なサポートの重要性を認識するための総合的なアプローチです。BIMコンサルティングサービスはこの変革における基軸なのです。 そのためには、建設業界の骨子を形成するためにすべての設備会社や建築会社が集結し、そのあらゆる要素をシームレスに統合することが重要です。BIM 3Dモデリングおよびデジタルツインサービスにより、これらのシステムは単体として存在するのではなく、包括的なBIMモデルへ統合されるようになります。この統合アプローチは調和を強化するだけでなく、建設中の問題を最小限に抑え、より合理的で効率的にプロジェクトを実施できるようにします。   さらに、視覚化が最重要であるセクターでは、BIMモデリングサービスは従来の制限を克服し、建築士やエンジニアがシームレスに連携し、詳細な情報を得たうえで決定を行えるようになります。このサービスにより、課題を予測しながら設計の最適化を図ることができ、高い費用対効果と合理的な建設工程が実現できます。 デジタルツインの注目すべき点は、実際の物件のバーチャルなレプリカを制作できるというまったく新しい概念であり、プロジェクトの進み具合や状況をリアルタイムに観察することが可能です。BIMモデリングおよびコーディネーションサービスを提供している企業は、建設プロジェクトについて正確な説明を行うために、モニタリングや分析、さらにはメンテナンスに関する予測まで行えるデジタルツインを活用しています。この技術的な飛躍により、建設プロジェクトの実現、デザイン、実施、メンテナンスのあり方を作り変え、日本の建設業界にパラダイムシフトが起こるでしょう。   建設業界の進化とともに、JAPAN BUILD EXPOのようなプラットフォームは、日本における高度なBIMサービスを体感できる素晴らしい環境です。このエキスポでは業界の専門家を迎え、BIM 3Dモデリングおよびデジタルツインがどのような影響をもたらすかを直接体験していただきます。このイベントが目指すことは、建設技術の未来を深く追求し、イノベーションが単なるツールではなく日本の建設業界を形成し、その後も変えていく変革の力であることを簡単に伝えることです。 今回のJAPAN BUILD EXPOに対する期待を胸に、私たちは冬のホリデーシーズンを楽しみにしています。年の締めくくりに、このイベントではホリデーシーズンをデジタル建設の未来と合わせてご紹介します。これによりBIM 3Dモデリングとデジタルツインによる変革の可能性を垣間見ることができ、イノベーションとお祝いを合わせて実感することができるでしょう。クリスマスと期待に満ち溢れた新年への思いを胸に、JAPAN...

Efficiency Redefined: Pinnacle Infotech's Commitment to Productivity in Japanese Construction Standards - Japan Cover
December 11, 2023
Pinnacle Infotech社の建設基準への生産性向上への取り組み

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)は常に変化する建設業界の斬新な技術として登場し、プロジェクトの実現、デザイン、実施に変革をもたらしました。 活発なBIM業界においてPinnacle Infotech社は技術革新の最先端に位置する中心的な存在です。来たるJAPAN BUILD EXPOでは、ブース番号29-6に出展し、定評のあるISO 19650認証に裏付けられた技術力、そして効率性と生産性に対する総合的な取り組みを示します。 BIMとは、基本的に建造物やインフラの物理的および機能的特徴を数値で示したものです。これは従来の2次元の図面とは異なり、建設工程を通して建築士、エンジニア、建設業者、その他のステークホルダーに対する連携プラットフォームとして3次元の豊富なデータによるモデルを提供します。BIMを使用することで、概念化と設計の初期段階から建設、運営、さらにはその後の解体まで対象期間を拡大することができます。     BIM業界のリーディングカンパニーとして、Pinnacle Infotech社は建設業界における深刻なギャップの懸け橋としてこの技術の使用を開始しました。当社の中心的なサービスは、データや図面を細部までBIMモデルへと変換し、プロジェクトの全体的な視点を提供し、さまざまなプロジェクトチーム間の連携を強化することです。 基本的にBIMは建設における多様なルールのため、言語を統一する働きがあります。Pinnacle Infotechは設備 BIMモデリングサービスに特化しており、これは機械系統、電気系統、配管系統を全体的なBIMモデルに統合します。この統合アプローチは調和を強化し、建設期間中の問題を最小限に抑え、より合理的で効率的にプロジェクトを実施できるようにします。 BIMコンサルティング・サービスの実施により、Pinnacle Infotech社の効率性向上への取り組みは強化されました。当社は技術以上のものが求められていることを認識しているため、複雑なBIMの実装についてお客様と連携して対応しています。Pinnacle Infotech社のチームが提供するBIM コンサルティング・サービスは目の前のプロジェクトだけでなく、さまざまな建設状況においてお客様が効果的にBIMを活用するために必要な知識や戦略を提供します。 Scan to...

We'd love to hear about your next project.

Let's Talk